反ワクの人激増中

コロナ禍で30倍に 国へのワクチン被害救済申請 審査追いつかず」と言う記事。

珍しいな、ワクチンに疑問を呈する記事、そしてワクチン行政に対する疑問を呈する記事が出るなんて。。。

今までワクチン接種を推進する記事しか見たことがありませんでした。

マスコミ自体の認識も少しづつ変化してきているのでしょうか?

等と思いつつ記事にあるコメント欄を見たのですが、やっぱりと言うか、政府や専門家、マスコミに対する批判コメントのオンパレード。

多くの人達がこのワクチンは何かおかしい、政府や専門家、そしてマスコミは偏った情報を一方的に流しているのではない方疑っているのですよね。

そして、政府や専門家、マスコミがダンマリを決め込んでいる事に怒りを覚えているのだと思います。

そろそろ隠す事がリスクになると言うに気付いたほうが良いのではないのでしょうか?

国会でもほとんどワクチンの問題が取り上げられていません。

多くの政党や政治家がワクチン接種を推進した事もあり、ブーメランになる事を恐れているのでしょうか?

そして国民の8割以上の人が接種してしまっています。と言うか、接種させてしまっています。

今さら自分達の失敗を認める事ができないのでしょうね。

とは言え、有耶無耶にできる問題でもないと思うのですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です