顔認証の改札、うまくいくとは思えないけどな~

学校の自販機も改札も『顔パス』、生徒『刺激的でかっこいい』…急速に広がる顔認証」と言う記事

まあ、テストで利用している分には良いのですよ。

しかし、実際に顔認証を運用しようとすると簡単にはいかないでしょうね。

顔認証の改札で考えてみても、100%認証できるとは限らないですよね。99%としても100人に1人の割合でエラーなどが発生します。

朝のラッシュ時にエラーが発生したらどうなるのか?少なくとも一時的に改札を止めて対応する必要がでてきます。

エラーの為に入出場を拒否された人は納得できないので揉めますよね。その間改札は利用できなくなります。

そもそも今の技術で改札を通過する人を99%もの確率で正確に顔認証できるとは思えません。

99%でなく、95%だと20人に1人の比率でエラーが発生するのです。

エラーが多発するとどうするのか?

エラーが発生しないように認証の精度を下げる設定変更を行なうのでしょうね。

すると別の問題が、、、

『無効』『読み取れない』……『マイナ保険証』トラブル頻発、導入医療機関の65%が経験 患者から苦情も」と言うニュースが出ていました。

記事に「待合室で大きな声で騒ぎ立てるため、やむなく警察を呼んで、その場は終息した」との事。そもそも患者は何も悪くないのに警察まで呼ばれて、、、

コチラの対策はマイナカードとともに旧来の保険証を持参してもらうそうです。

何のこっちゃ、、、ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です