発展途上国か独裁国家の選挙のニュースかと

町長が選挙人名簿をコピーして持ち出し、不正に利用 神奈川・真鶴、近く辞職」と言うニュース。

いやはや、何と言いましょうか、どこか発展途上国か独裁国家でおきた選挙関係のニュースかと思ってしまいました。

先進国で民主主義国家(私はそう思っていたのですが。。。)の日本のニュースなのですね。

ココまで来るともう何も言う事が出来ません。

そもそも選挙って民主主義国家が民主主義国家としてあるべき基本の制度ですよね。

それを政治家であり権力者でもある町長が公然と無視するとは、もう民主主義国家とは言えないですね。

記事によると、「町長選のはがき送付などに利用し、初当選した」とのこと。名簿利用して、選挙して、勝ったと言う事のようです。

また、「今年7月には、選管事務局書記長に名簿をコピーさせ、元町議の自宅に届けさせた」とも。

と言う事は、この選管事務局書記長も事実を知っていたと言う事ですね。

もう開いた口がふさがらないとはこの事。

こんなニュースを見ると今行われている衆議院選挙も心配になってきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です