トヨタは当事者じゃないの?

池袋暴走事故 トヨタ『車両に異常認められず』 飯塚被告の『不具合』主張に反論」と言うニュース。

記事では、

「トヨタは捜査当局の要請に基づいて事故を起こした車両の調査に協力した。この事故に関しトヨタがコメントを出すのは初めて」

とありますが、この裁判ではトヨタは当事者でもありますよね。

それを、トヨタが第三者の公平な立場で事故調査に協力したかのように記載するのは公平性の観点から問題があるのではないでしょうか?

この裁判では、

被告がトヨタ社の不具合を主張し

検察は被告の過失を主張しています。

で、刑事裁判では立証責任は検察側にあり、被告の主張が間違っている事を検察が立証しなければなりません。

検察が被告の過失を立証できなければ無罪になり、原因がトヨタ社の車の可能性を残したまま終了してしまいます。

トヨタにとっては被告が無罪になる事は、トヨタ社の不具合を否定できなくなってしまうのです。

検察にとっても、トヨタ社の不具合を否定してしまった以上、この裁判ではトヨタと一心同体の状態。

そういう風に見てみると、多くのメディアの報道の仕方はどうなのかなと思ってしまいます。

少し冷静に状況を見る必要があるのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です