簡単に子会社を上場したりやめたり、東証って何?

NTT、ドコモ完全子会社化 4.3兆円で過去最大TOB」と言うニュース。

日本の証券市場では、簡単に子会社を上場させたり、上場をやめて完全子会社にしたりできるんですね。

そもそも子会社のままで株式市場に上場できる状態がおかしいな状況だと思うのですが、今回は上場子会社を完全子会社にするために上場をやめるそうです。

上場会社なので、一般の株主もたくさんいるのでしょうが、元々がNTTの子会社なので少数株主なのだそうです。

大株主のNTTが、上場をやめると決めたら何も出来ないようです。

そもそもNTTドコモと言う会社は独立した会社だったんでしょうかね?

そんな会社を上場させてよかったのでしょうかね。

東京市場には、同じような形態の子会社が多数上場しています。

親会社の方針に逆らう事が出来ない独立していない会社が、上場して一部の株式を公開し現金化しているのです。

東京証券取引所は、何も言わないのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です