7選って長くない?

代表7選、じわり世代交代 将来の不透明感拭えず―公明」と言うニュース。

な、な、7選って、7回立候補して、7回選任されたって事?

任期が1期2年だそうなので、トータルで14年間も間政党の代表を続けると言う事になります。

そもそも、公明党って多選批判をしていたのではないのでしょうか?

長く続けるといくらトップが立派な人であっても、組織自体が硬直化するし、構造的に発生する利権も固定化してしまうので、弊害の方が多いと言う事で。

さすがに10年以上も組織のトップが同じと言うのは、色々弊害がでてくるのではないでしょうかね?

そのために、一般的には最長何年までとか何期までと決めておくことが一般的ですよね。

アメリカ大統領も2期8年だし、韓国大統領は1期5年、中国やロシアでも一応任期に期間設定がありますよね。

自民党総裁も、確か3期9年までと決められていたように思います。

ま、独裁国家などではキッチリ守られていない部分もありますし、自民党は気分で代表を変えますけど、、、、、

そう言えば、共産党には正式に任期はあるのでしょうか?今の委員長は2000年から党の委員長を務めているそうです。

20年間も政党組織の代表なのだそうです。さすがに20年は長いですね。さすがに、20年ともなると組織が硬直化しているのかもしれませんね。

一般的に小規模政党は、組織維持を優先して代表を簡単に変えないのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です