コロナ情報の公開

最近やっと、日本でもコロナ関係の情報を再利用可能なデータで公開するようになってきましたね。

今までは、言葉だけだったり、一部の結果だけをPDFで公開したり、自分に関係するデータのみを公開したり。

もう再利用出来そうもない状態で、各関係部署が自分達に関係あるデータのみを自分達の方式で公開していました。

データを見ることが出来てもそのデータを収集して他のデータと組み合わせたりすることがほぼ不可能な状況でした。

しかし、最近は少しづつではありますが、再利用することを意識してデータを公開してくれる組織も増えてきました。

特にコンピュータでも扱いやすい「CSV形式」で公開してくれると助かりますね。

新型コロナの情報などは、CSV形式で公開してくれるだけで、比較的簡単にグラフに出来たり地図上にマッピングできたりする事が可能です。

折角の機会なので、新型コロナウィルス関係の発表データについては、各都道府県で同じ形式で公表してもらいたいものです。

発表項目を統一して同じ形式のCSVファイルで公開してもらうと、多くの人がデータを収集して見やすいように加工してくれるのではないでしょうか?

データの可視化や分析、加工は一般の人でも出来ますが、データは国や地方公共団体しか収集する事が出来ません。

データさえうまく公開すれば、台湾でマスクの検索システムを一般のプログラマー開発したのと同じ事が日本でも行われます。

多くの有意義なデータは国や地方団体が持っているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です