携帯料金、下げる下げる詐欺かな?

菅官房長官『携帯料金は大幅な引き下げの余地がある』、総務省の見解は?」と言う記事。

菅官房長官は、何年も前からいつも言っていますよね。

でも、言っているだけ。

現実は、「東京の携帯料金、やはり「世界最高」…大手3社が高いシェア維持」。

何でこんな無責任な発言をするんでしょうかね?

選挙演説の時にも言っていたそうです。

そもそも、携帯会社の利益を見てみたら儲けすぎな事は誰でもわかりますよね。

NTTドコモ、KDDI、SBの携帯関係の利益だけを見ると各社ともに1兆円近くあります。3社合計で2兆円を超えます。

その上、SBに至っては携帯で獲た利益を別の投資に使って税金さえほとんど収めていません。

で、政治家は言うだけ。何の対策を取らないので、携帯料金が高いままの状態が続いています。

携帯会社も、「あ~あ、また言うてるわ」と言う感じなんでしょうね。

そして国民も、「あ~あ、また言うてるわ」と思っているんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です