予備費が10兆円?

『news23』星浩氏、政府の二次補正予算案で10兆円の予備費に疑問『政府の裁量に任せるのは、やや問題』」と言う記事。

やや問題どころか大いに問題ですよね。

記事によると、

「10兆円の予備費。予算は国会のチェックを受けるのが大原則。これが財政民主主義。10兆円ものお金を政府の裁量に任せるというのは、やや問題があるような気がする」とコメント。

その通りですよね。

国会のチェックを受けなければ、来年の桜を見る会にこの予算が使われても分からないですよね。

ひょっとして、選挙資金に使われることもあるかもしれません。

政府は緊急事態に備えて柔軟に運用すると言うのでしょうが、今までの政府の対応を考えると信用できないですね。

しかし、10兆円ものお金。何に使うのでしょうか?

国民1人に一律10万円を給付する予算総額が12兆円だそうです。

こんなわけの分からない予備費で予算を計上するくらいなら、もう一度10万円を給付した方が良いように思いますけどね。

と言っても、未だに私は10万円貰っていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です