入獄制限解除、PCR検査条件って?

入国制限解除、次の課題に 交流再開急ぐも感染リスク―新型コロナ」と言う記事が出ていました。

感染者数が抑えられている国の間では、お互いの国への入国を許可する措置が開始されははじめているそうです。

記事によると、「中韓は、非感染者であることを証明する『陰性証明書』を所持し、PCR検査などで陰性が確認されれば、入国を許可する措置を始めている」と。

お互いPCR検査で陰性だったら入国を認めるとの事。

で、日本も相互主義を前提に「抗体検査やPCR検査などで、陰性証明があれば中国などに行けるように考えている」と認める。と言っているようです。

よくわかりませんが、「相互主義を前提に」と言っているようです。相変わらず偉そうですよね。

しかし、日本では簡単にPCR検査を受ける事ができないですよね。熱も出てないのにPCR検査を受けたいといっても却下されます。

一方、中国や韓国などでは自費でPCR検査を受ける事も可能なようです。

となると、日本からは出国できないが、日本へは海外でPCR検査を受ける事により入国できると言う事になりますね。

他国にしても、PCR検査さえ受けていない人の入国を無条件で認めるとは考えられないです。

結局、いつまでもPCR検査をしなければ日本人は海外への渡航(ビジネス出張等も)も出来なくなってしまうのです。

上級国民だけがPCR検査を受ける事が出来るようになるのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です