新型コロナによる日本の死者数

昨日、暇だったので新型コロナウィルスによる死者数グラフを作成しました。

死者数に関しては、2月10日頃から5日毎にデータを収集していました。

そのデータをPANDASで読み込み、5日毎の増加数を計算してMatplotと言うライブラリーを利用してグラフにして学習していました。

ついでに、WEBからも見ることが出来るようにしてみました。

とは言え、200国近くの折れ線グラフは見難いの東アジアだけに絞って折れ線グラフを作成。

東アジアとして、日本、韓国、豪州、マレーシア、フィリピン、シンガポール、台湾、ベトナム、タイ、インドネシアを選定。

グラフにしてみると、日本の死者数が少ない訳でない事がわかりますね。

EUやアメリカ等の欧米諸国と比較すると少ないのですが、東アジア諸国と比較すると決して少なくありません。

メディアで、日本の死者数が少ないと言っているのは、欧米諸国とだけ比較しているのですね。

日本の死者数事態は現在も増加しています。このまま増えていくと、欧米諸国に追随していくかもしれません。

一面だけ見て一喜一憂すべきではありませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です