台南ハーフマラソン、予定通り開催?

昨日、申し込んでいた「台南古都ハーフマラソン」の事務局からメールが来ました。

予定通り開催するそうです。但し、中国籍、香港籍、マカオ籍の人は参加できないとの事。それ以外の国の人々は参加可能なようです。

とりあえずよかった。

とは言え、事前に書類の提出を求められたり、航空券の写しを提出する必要があったりするようです。

約2万人の参加者がいるようですので、事務局は色々大変なようですね。

事前に登録していたメールアドレスに指示が送られてきて、すべての書類の提出もネット経由です。

中国語、英語、日本語で記載があります。最初は、一生懸命に中国語を翻訳していたのですが、文章の後半に日本語表記もありました。

参加できない中国籍、香港籍、マカオ籍の人には参加費用を返却するようで、返却手順についても記載されていました。

ところで、同じ3月1日に開催予定の東京マラソンは、中国などからの参加も可能なようです。

「参加予定の中華人民共和国在住の皆様へ」の中で

中国在住の皆様におかれましては、今回の措置を踏まえ、東京マラソンへの参加の可否をご判断いただきますようよろしくお願いいたします。

と記載されているだけ。何を言いたいのでしょうか?

飛行機などもキャンセルされていて訪日できない人も多数いると思うのですが、参加できなくても参加費用の返却はないようです。

何かちょっと無責任なような気もしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です