結局、封鎖しかないんやね

新型コロナウィルスが猛威を振るっていますね。

と言っても、感染拡大への対策は封鎖。そして、感染者の隔離。

現代社会においても、原始的とも思える「封鎖と隔離」しか対策はないようです。

鳥インフルエンザや豚コレラの対策と同じなんですね。

何ともやりきれない思いです。

鳥や豚などの家畜では、殺処分を行い必死に感染の拡大を防止していました。テレビでも殺処分の映像が流れていましたね。

で、数ヶ月と言う期間で何とか感染の拡大が防止されたように思います。

人間の場合、同じ対策を取る事はできません。

となると、ココまで感染が拡大していまったとなれば、数ヶ月と収束とはいかないかもしれませんね。

これから世界のアチコチで潜伏期間が経過した感染者が症状を発生させるかもしれませんね。

で、世界のアチコチで「封鎖と隔離」が行なわれるのかもしれません。いやいや無理かも。。。。。

結局、コロナウィルス武漢A型と言う新型インフルエンザとして世界中に広まるのかもしれませんね。世界中に被害を出しながら。

で、インフルエンザの一種として存在し続けるかも知れません。

結局のところ、人が適応するしかないのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です