こんなのに騙されるのかね。。。

ネパール、カトマンズ空港にて両替の話を持ちかけてくる外国人にご注意ください」と言う記事。

何か昔の海外旅行者向けの注意カタログを見ているようですね。

未だにこんな手口に引っかかってしまう人達がいるのでしょうか?

ネパールと言う事なので、元気な中高年の登山者の団体がターゲットになっていると言う事なのでしょうか?

団体客ならツアーの主催者が個別に注意喚起すればよい話ですよね。

そもそも、ネパールに旅行に行く個人客ってそれほど多いようには思えないのですが。

記事には(手口)として、「英語で話しかけてくる」とありますね。

英語で騙される位なのであればそれなりに英語も話せる人なんですよね。

しかし、英語がそれなりに話せるネパールに行く個人旅行客が、こんなほのぼのとした両替詐欺に引っかかるんですかね。

「ネパールへのご旅行をご予定の方は、このような怪しい話に耳を傾けることのないよう、お願いいたします。」と記載されています。

読んでいて不思議な気持になってしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です