スピーカが盗聴器になるそうです。

先日、掃除機のルンバが「室内の情報を勝手に入手して販売しているかもしれない」といるという記事が出ていました。

それに関して、このBlogで色んな家電で同じような事が行なわれるのでは?と記述しました。

何と、「『Amazon Echo』が盗聴器に?旧モデルに脆弱性–セキュリティ企業報告」と言う記事が出ていました。

AmazonEchoが乗っ取られて、盗聴器として機能するそうです。

アマゾンは、最新のモデルではこの脆弱性は解消されているといっていますが、旧式のモデルはそのままなのでしょうか?

おそらく、脆弱性が残ったままなのでしょうね。

同様の問題がこれから多数でてくるでしょうね。

掃除機や冷蔵庫、洗濯機などなど、、、最新の機種については脆弱性の対応をしました。といいつつ、今までの機種は、、、、と。

古い機種は簡単にバージョンアップなど出来ないですよね。

パソコンでさえ、アップデートが行なわれないのに、IOT機器のアップデートなど行なわれるはずがありません。

そのうち、世界は乗っ取られた機器だらけになってしまいますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です