円周率を書いているだけ?

コミケでもっともぶっ飛んだ書籍『月刊円周率』!」と言う記事が出ていました。

なんじゃ、これは、円周率を延々と記述しているだけの本です。

何が楽しいのでしょうか?誰が読むのでしょうか?そして、誰が買うのでしょうか?疑問はつきません。

驚いた事に記事では、「公称314部です」とあります。

ま、売れるのが半分、いや3分の1としても100部は売れていると言う事なんでしょうか?

私の「大阪城を走る」は、公称30部(あくまでも公称です、詳しくは聞かないで下さいね)。

私の「大阪城を走る」より10倍も売れているの?いや、月刊円周率と言う事は、月刊で314部?

恐るべし。円周率。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です