月別アーカイブ: 7月 2023

ホント、何も言わなくなったねアビガン

新型コロナ『治療薬』の虚実 メディアと専門家の責任」と言うニュース。

少しづつですがこういうニュースも配信されるようになって来ました。

記事の通り、ホントあのアビガンはどうなってしまったのでしょうかね?

アレだけテレビで持ち上げていたのに、そして有効な薬なので緊急承認するべきだと言っていたのに。

今では話題にもならないです。

テレビ等でアビガンを強く推奨していた人達はなぜこのような状況になってしまったのかを説明するべきですよね。

そもそもアビガンの有効性を語る専門家と言う人自体がアビガンの開発に関係する人だったのではないですか。

特に朝のモーニングショーではアビガンを全力で推奨していましたよね。

ビッグモーター等には厳しく批判するのに自分達の事になったらダンマリです。

信用を失いますよ、、、と言うか最早信用されていないですね。

天気予報を見るのが憂鬱

毎日、毎日、毎日、暑い、暑い、暑いですよね

最近は天気予報を見ることが憂鬱になってきました。

何度見ても35度以上の猛暑日が連続して表示されます。

本当に見ていて悲しくなってきます。そして、明日もあさっても、そしてその次の日も次の日も猛暑日です。

何度見ても換わりません。そして、気分は盛り下がり憂鬱になってきてしまうのです。

特に最近は最低気温も毎日のように25度以上の熱帯夜。

熱帯夜の予報を見ると、今日も寝苦しいのか、、、ぐっすり眠りたい、、、と益々憂鬱度が上昇してしまいます。

最近特に思うのですが、寝るのには体力が必要ですよね。年齢とともに寝ることにも体力を使うことが分かってきました。

夜も昼間以上につらいですよね。

と言う事で、最近は天気予報は見ないようにしています。

延期やなくって断念やろ

首相、健康保険証の廃止延期の可能性示唆『現場の意見うかがい対応』」と言うニュース。

いやいや、違う違う。記事には「保険証廃止の延期」と記載されています。

延期をしたところで何の問題の解決にもならないのです。

そもそも制度設計に問題があるのですから、一度中止と言うか保険証のマイナンバーへの紐付けを断念をすべきなのです。

どうも政府は延期することで問題の先送りをしようとしているとしか思えないですよね。

そして、政府の意向に沿ってメディアも延期を主張しているようです。

そもそもマイナンバーに紐付けしたい人は自分の意思で紐付けすればよいだけの話です。

マイナンバーカードを利用して本人確認に利用すると言うのであれば、保険証に本人確認機能(写真など)を搭載すればよいだけの話。

もう何が目的で何が手段なのかサッパリ分かりません。

何も理解していない大臣とその周辺の利害関係者が決めてしまったことを政府が意地になって実行しようとしているとしか思えません。

おそらく延期してもトラブルはなくならないと思いますよ。

もう無茶苦茶やってるね

原発再稼働の安全対策投資、経産省が支援検討 利用者負担の制度拡大」と言うニュース。

いやはや、もうこの政府は無茶苦茶やっていますね。

世界で類を見ないあの原発事故を起こした反省、と言うか責任を感じていないのでしょうか?

海外や漁業関係者に対しては、科学的根拠とか何とか偉そうな事を言いつつ、汚染水を一方的に海に流す事を決めてしまうのですからね。

以前総理は「聞く耳を持つ」と言っていたのですが、結局は関係者の意見のみを聞く耳だったようですね。

しかし、経産省と言う役所は国民の税金を何だと思っているのでしょうか?

最近では、半導体に出資してみたり、海外のワクチンに出資してみたり、もうやりたい放題です。

昨日、ビッグモーターの社長が自分が無能だった事を棚に上げて、現場が勝手にやった事などと言っていましたね。

岸田首相も問題が起きたら同じことを言うのでしょうね。

今日は天神祭り

今日(25日)は天神祭りです。

昨日は商店街も多くの人でごった返していました。

事務所から出ようとしたら出口にも人人人でスムーズに歩く事もできません。

まだ時間が早かったのですが、既に酔っ払いらしき人もチラホラいました。

で、今朝商店街を歩いたらゴミがアチラコチラに散乱。

とは言え、商店街は比較的ましだったのですが、商店街から一歩路地に入るとゴミが散らかっていました。

今日は7時過ぎから花火大会があります。

おそらく昨日どころの人込みではなさそう。

と言う事で早めに退散する事にします。

ビッグモーターとジャニーズへの会見要請

ビッグモーター不正、社長の『報酬1年返上』はけじめになる? 『ポーズだけ』と専門家が指摘する理由」と言うニュース。

いやはや、ビッグモーター、とんでもない会社ですよね。

この会社の問題なのか、業界自体の問題なのかはわかりませんが、本当にとんでもない会社である事は間違いないようです。

マスコミも連日ニュース報道を行なっています。

で、最後に「会見も開かれず」と言って、記者会見を行なわない事に対してマスコミ各社は憤っています。

しかし、少し前にも同じ状況が。

ジャニーズの問題が明るみになった時にもジャニーズの社長は記者会見を行ないませんでした。

結局、今も一方的に映像を流しただけで記者会見は行なわれていません。

しかし、ジャニーズ事務所に対しては多くのマスコミは厳しい追求を行なっていません。

ビッグモーターとジャニーズに対する対応は今のマスコミの状況を可視化しているようです。

追及しやすい相手には厳しく対応し、自分達が追及すると返り血を浴びそうな相手には厳しい追及をしない。

政府に対しても同じですよね。そう言えば、最近の警察や検察の不正などについてはあまり報じていないように思います。

にもかかわらず、知る権利とか報道の自由とか言うのですよね。

と、多くの国民は思っているのではないのでしょうか?

自販機のゴミ箱

最近、自動販売機の横においてあるゴミ箱(缶やペットボトルを捨てるゴミ箱)が少なくなったのではないのでしょうか?

以前は、必ずと言ってよい程自販機の横に設置されていました。

まあ、家庭ごみなどを捨てる人がいるので撤去したのでしょう。

とは言っても、自販機で購入して飲み終わったペットボトルを捨てる場所がなくって本当に困ります。

ランニング途中で自販機で飲み物を買って飲んだ後に空のペットボトルを捨てるところがないのです。

今までは、自販機の横に必ずと言ってよい程ゴミ箱があったのですが、今はゴミ箱を設置していない自販機の方が多いようです。

結局、空のペットボトルを持ってゴミ箱を探しながら走るしかありません。

そう言えば、最近道端にペットボトルや空き缶が捨てられているのを見ることが多くなったように思います。

行政は飲み物の自販機にはゴミ箱を必ず設置するように指導した方が良いのではないのでしょうか?

結局、まじめに設置している自販機業者が割りを食ってしまうことになってしまいます。

AIで査定してるんじゃないの?不正ぐらい見抜けるのでは?

損保各社、保険の等級戻す動き ビッグモーター不正 『見破るの困難』」と言うニュース。

見破るの困難って本当?

ビッグモーターが組織的に行なっていたんですよね。一部の社員がコソコソと行なっていたのではなく

他社の実績とビッグモーターの実績を比較したら何かおかしいのではないかと分かるはずでは?

そもそも損保業界ではAIを導入して審査を行なっているとか宣伝していたのでは

損害保険に海外AI技術 損保ジャパン、車保険で即時査定

顧客の査定をする時はAIを利用して、自分達の仕事にはAIを導入していなかったの?

ひょっとして、その損保ジャパンのAI査定と言うものが不正を前提にした査定だったと言う事?

国交省も被害者のように振舞っているけど、コレだけ大きな不正を見抜けないって無能だと言う事を証明しているのでは?

「落日日本」の象徴的な事件なのかもしれませんね

日本が科学的議論と言ってもね。。。

岸田首相、処理水放出に反発の中国へ『科学的根拠に基づく議論を』」と言うニュース。

まあ、言っている事は良いのでしょうが、、、日本が科学的根拠に基づく議論をと言ってもね、、、

国際的には、正確な情報をタイムリーに公開しない国だと思われているのでしょうね。

原発事故当時もほとんど情報を公開していなかったですものね。結局、そういう評価がなされているのだと思います。

日本国内の研究者は、科学的な議論が充分に行なわれたと言っている人もいるようです。

しかし、国際的には自分達の都合の良いデータだけで議論を行なっているのではないかと疑われているのだと思います。

そもそも、韓国や中国で原発事故が起きて汚染水を海洋放出すると言ったら日本はどう言う対応をするのでしょうか?

あまり偉そうに「科学的根拠に基づく議論を強く求める」などと言わないほうが良いのではないのでしょうか?

迷惑をかけるのは日本なのですから。

「マイナ保険証の普及を目指す事に異論はない」メディアの枕詞

マイナカード 健康保険証廃止の『愚策』」と言うニュース。

マイナカードを批判する記事で必ずと言ってよい程記載される文言があります。

「マイナ保険証の普及を目指すこと自体に異論はない」と言う言葉。

別の言葉では「政府がデジタル化を推進する事に異論はない」と言う言葉もあります。

まあ、その通りで否定しづらい言葉ですよね。

しかし、わざわざメディアはそういう言葉を記事に入れるのです。

政府がやっている事は良いのだけれども、やり方が悪いと言う結論に持って行きたいのでしょうね。

しかし、実際にはマイナ保険証の普及を目指すといっても、目指す先が色々なのです。

全員に強制的に普及させるのか、希望する人だけが持てるようにするのかで大きく違います。

その議論を避けためにこの言葉(「政府がデジタル化を推進する事に異論はない」)が使われているのではないのでしょうか?

ひょっとしてメディアは政府から、一方的に批判するのではなく、このような言葉を記事に入れるように言われているのかもしれません。

最近のメデァアでは政府広報の広告が占める割合が大きくなっていますよね。