月別アーカイブ: 2月 2021

アレから1年

今日は2月27日ですね。

思い出します。去年の2月27日の事を。去年の2月27日は木曜日でした。

実は、3月1日に開催予定だった台湾のマラソン大会に参加する予定で航空機もホテルも全て予約していたのです。

2月28日に日本を発ち3月3日に帰国予定。

しかし、マラソン大会は新型コロナの影響で中止。

ところが、台湾では日本人の入国規制が行なわれておらず、日本では出国規制が行われていませんでした。

航空機もキャンセルになるかもしれないと言う噂が飛び交っていたのですが、航空会社からは何の連絡もありません。

格安航空会社の為、キャンセル費は戻ってきません。

ホテルもキャンセルできません。と言うか前払いでお金を支払っていたのです。

そのため、27日の時点ではマラソン大会に参加できなくても、台湾に観光に行く予定でした。

何と言っても、もう「銭」払ってますからね。と言う事で、出発の準備をしていたのです。

しかし、その当時から台湾では万全のコロナ対策が行なわれているとのニュース。一方、日本ではほとんど対策が行われていない状況。

この状況で、対策の行なわれていない日本人が海外に行くと言う事はコロナをばら撒く可能性も否定できないのではないかと。。。。。

日本では海外から観光客が来る事に対して批判する人達も多くいたのですが、そもそも日本の方が感染者を多く出している状況。

何か変なんですよね。被害者意識が強すぎるのでしょうか?自分達は被害を与える事などないと思っているのでしょうか?

等など。。。。。ちょっと利己的かな~と思ってしまいました。

で、最終的にキャンセル。航空運賃もホテル代も全てパー。

金返してくれへんかな?

関係者の方ですか?

今日、事務所の近くを歩いていました。

あるビルの前でスーツを着た人が数人ビルを見張るかのように立っていまた。

何事なのか?と思いつつ、そのビルの前に近づくと閉じられたシャッターに張り紙が貼ってありました。

「業務停止のお知らせ」と言う文字とともに何か文章が記載されています。

確かその場所には印刷関係の会社があったように記憶しています。

さては倒産したのかな?と思いつつ、張り紙を見ていたら、スーツを着た人が近づいてきて

「関係者(債権者)の方ですか?」と。

突然の事で関係者の方と言ったのか債権者の方と言ったのか、はっきり聞こえませんでした。

関係者ですと答えたら、借金の肩代わりをしろと言われるのか?

債権者ですと答えたら、一緒に債権の回収を行ないましょうと言われるのか?

どちらにしても、コレは面倒な事になるかも、、、、、と思い、

「いやいや、特に関係ありません、、、、、」と言うと。

「それは失礼しました」と。

何となく、厳しい世の中を感じてしまいました。

来月は年度末。もっと厳しい世の中が待っているかもしれませんね。

和牛ステーキや海鮮料理って、何?

山田真貴子内閣広報官接待 7万円会食は和牛ステーキと海鮮料理」と言うニュース。

まあ、どうでもええ話なんですが、ちょっと気になるので、、、

「会食に関し、和牛ステーキや海鮮料理などが主として提供された」と記載。

和牛ステーキや海鮮料理って、変な組み合わせですよね。

私がイメージするのは、和牛ステーキの店なら海鮮料理が出るとは思えないですし、海鮮料理の店で和牛ステーキが出るというのも理解できません。

ま、7万4203円も払うような店なので色んな料理が出たと言う事なんでしょうか?

う~ん、こんな料理を出す店があるんですかね。

高級官僚を接待するとなるとこのようなお店で接待しなければならないのでしょうか?

やっぱり私が想像する世界と違う世界があるんでしょうね。

私も一度でよいのでこのようなお店で接待会食を受けたいものです。もちろん接待でですよ。

どうでもよい話なんですが、気になります。

完全に花粉

う~ん、先週から急に花粉の飛散量が増えたようです。

そうなんです、私の体は敏感に反応しています。もう今日は最悪の状況に達しつつあるようです。

朝から、目が目ヤニで開きません。起き上がると鼻水が垂れてきます。目がショボショボ、鼻はムズムズ。そして、くしゃみが、体も熱を持っているよう。

しかし、今日は休みではありません。気合を入れで電車に乗って事務所へ。

電車の中でも鼻水が垂れます。目もショボショボします。回りの視線が気になります。

何とか事務所に来ても事務所内でも花粉が飛散しているようです。

外はよい天気なのですが、外に出ようとなど思いません。ジッと時間がたつのを待つばかり。

う~ん、今日は久しぶりに厳しいですね。

花粉や、鼻水が垂れる

花粉がスッゴク飛散しています。

もうどうしようもありません。

今朝も、電車に乗っていたら急に鼻水が垂れだす予感が。もちろんマスクをしている状態で。

このままの状態では、マスクに鼻水がついてしまうのではないかと心配になってしまいます。

一方マスクをはずして鼻をかもうものなら、周りの人からコロナではないかと冷たい視線を浴びるのではないかと言う心配も。

しかし、鼻水は本人の意思に関係なく静かに垂れてくるのです。

人の目線を気にしつつ、ティッシュを取り出し、マスクをこっそりはずし、回りを気にしつつ、音のしないように鼻をかみました。

しかし、数分後にも再度鼻水が垂れる予感。

仕方なく、人の目線を気にしつつ、ティッシュを取り出し、マスクをこっそりはずし、回りを気にしつつ、音のしないように鼻をかみました。

何と、目的地に到着するまでに3度も電車の中で同じことの繰り返し。

つらい、つらい日々が始まりそうです。

下げ渋り

新型コロナウィルスの感染確認者数、今までは順調に少なくなってきていたようなのですが、最近は下げ渋ってきているようです。

最近の感染確認者数は、1000人と2000人の間を行ったり来たりの状況です。

今までの感染確認者数が多かったので、少ないように思えますが、この1000人から2000人と言う数字、第2波のピークの感染確認者数と同じ数字です。

第1波のピークは700人台、第2波のピークは2000人弱でした。

で、第1波から第2波の平穏期は100人以下で、第2波から第3波までの平穏期(9月~11月初め)は4~500人台でした。

そう考えると、今の感染確認者数は少なくありません。

第3波のピークの数字(最高で7000人台)が高かったので、少なくなったと感じるだけです。

平穏期の数字が高ければ、次の波が来た時にそのピークが高くなってしまいます。

第1波後から第2波のピークでは、約20倍。

第2波後から第3波のピークでは、約15倍。

そう考えると、今の日本全国の感染確認者数を3桁の下の方(500人以下)にする必要があるのではないでしょうか?

私にはワクチンで簡単に収まるとは思えないのですけどね。

国家ぐるみに出来レース、森氏後任

橋本氏、ぎりぎりまで苦悩 森氏後任決着に政府・与党は安堵―東京五輪」と言うニュース。

何と言うか、最初から決まっていたんでしょうね。

で、それを関係者みんなで公平公正に選任されたように国民に見せかけるために調整して発表したんでしょう。

その関係者みんなの中には、国民に正確な情報を伝えるべき大手メディア(新聞、テレビ)も入っていたのだと思います。

何と言っても、大手メディアもオリンピックのスポンサーですものね。

このままオリンピックが混乱すると、自分達にも火の粉が飛んでくるかもしれないと思い、関係者の立場で火消しに走ったのでしょう。

今回のどたばたの様子を見た多くの国民はどう思っているのでしょうか?

残念ながら、多くの国民は「何か変だな~何この状況は?」と思っていると思いル野ではないでしょうか?

そして、こんな状況ならもうオリンピックなんてやらなくてもよいのではないかと思っているのではないでしょうか?

大手のメディアはそういう声は表に出さないですよね。

結局、これからも関係者一同でごり押ししていくのでしょうね。

JALやANAの優待券、1000円以下なんですね

ANA/JAL株主優待券が値上がり 東北新幹線不通も影響か、ニュー新橋ビル調査」と言う記事。

何と、ANAやJALの株主優待権の価格が1000円前後なのだそうです。

以前、サラリーマン時代にはよく買ったものです。

確か、その時は4500円とか5000円だったと記憶しています。

それが何と1000円。

新型コロナの関係で、飛行機を利用して出張する人や旅行する人がいなくなってしまったんですよね。

ひょっとして、価格が下がったのはGoToトラベルの影響もあるのかもしれません。

しかし、航空運賃そのものは変わらないですが、このような自由に価格が設定できる商品は変動が激しいですね。

ま、コレこそが需要と供給のバランスが直接価格に反映される自由経済なのかもしれません。

とは言え、今回の新型コロナの場合には、価格を下げたからと言って販売数量が増えるとは限らないのが難しいところです。

今まで優待券を売って現金化していた人や組織にとっても影響があるでしょうね。

ひょっとして、組織の裏金が捻出できなくなっているのかもしれません。

知らんけど。

コレこそ東京都の優遇ですね。

10年たっても余震? 首都圏でなぜ停電? 福島県沖地震で浮かんだ疑問」と言うニュース。

テレビで首都圏の停電の状況を映し出していました。中継で「川の向こうの東京都では明々と電気がついています。」と言っていました。

その時は、たまたまその場所が停電していたのかな?と思っていたのですが、その後のニュースで、東京都では停電が発生していなかったとの事。

何で東京都だけが停電しないのかな?と不思議に思っていました。

で、このニュース記事。

「東京への送電が維持されたのは『人口密度や経済、交通インフラなど社会機能への影響を総合的に考慮した』からだという」

何と意図的に東京だけは停電させなかったようです。

理由は「総合的に考慮」したからだそうです。

誰が考慮したのでしょうかね?

事前にこのような意図的な対策を行なうことがあると契約に記載されていたのでしょうか?

そもそも東京以外の人達は仕方ないな、、、東京の人達は我々とは違って重要な仕事をしているかなら。。。などと思っているのでしょうか?

もし、こういう対応を取るのであれば事前に広報すべきですよね。

そしてこのような不利な条件があるのであれば電気料金に反映すべきなのではないでしょうか。

そもそも、今回停電のあった地域の人達から集団訴訟を提起されたらどうするのでしょうか?

裁判で「全く問題ない」と言うのでしょうか?総理大臣のように。

GDPがマイナスで、株価が3万円

株価だけは別の要因で動いているのでしょうか?

日経平均が一時3万円回復 90年8月以来、経済正常化期待」と言うニュース。

1990年8月以来と言う事は、30年ぶりの3万円台と言う事になります。

1990年と言えばバブル真っ盛りの時ですよね。国民の多くが景気よく踊っていたような時代。

一方で、「GDP去年1年間で-4.8% リーマンショック翌年以来の落ち込み幅」と言うニュース。

国民の多くは、コチラのニュースの方がイメージに合うのではないのでしょうか?

GDPが-4.8%なのに、株価が30年ぶりの高値だという現実がどう考えても理解できません。

株価は景気を先取りする指標だという人もいますが、現実は先取りでなく実態の景気を無視しているとしか思えません。

株価はおおよそ10年単位でバブルを発生させて、破裂するとい言う人がいますが、リーマンショックから約10年。

そろそろ破裂するのでしょうか?

しかし、ひょっとして株価が正しくてお金の価値が間違っているのであれば、インフレが発生するかもしれませんね。

どちらにしても、一般の人には簡単に対応できない事態が発生しそうです。