日別アーカイブ: 2021年1月6日

緊急事態宣言、中途半端だと不審を招くよ。

今度は飲食店がターゲット 急所を狙う政府、効果は…」と言う記事。

記事で、政府は緊急事態宣言について、まずは飲食店への営業時間短縮などに対策を集中させる方針とあります。

「まずは飲食店」だそうです。

まずは、とりあえず、とにかく、一応、何となく、と言う事なんでしょうかね。厳しい対策は行ないたくないと言う事のようです。

しかし、中途半端な対策を行なうと、国民の不満が蓄積されてしまうのではないでしょうか?

1~2ヶ月だけ我慢してくださいと言うのであれば国民も協力するかもしれませんが、3ヶ月以上もの期間になると我慢できなくなってしまいます。

今回検討されているような中途半端な対策だと「実効再生産数」は、期待するほど下がるとは考えられません。

そもそも、1日1000人近くの感染確認者数を250人にするには、10日でウィルスが入れ替わる前提で計算すると、

実効再生産数が0.5だと20日で達成できますが、

実効再生産数が0.7だと50日必要になります。

そして実効再生産数が0.9だと140日(約4ヶ月)もの日数が必要になります。

ちなみに、第1波の緊急事態宣言中の実効再生産数はおおそ「0.55」だったそうです。

結局、弱い制限しかかけなければ目標とする感染者数を達成するための日数が必要になるのです。

そして時間がかかればかかるほど規制をされる国民は不満を蓄積させます。

今の政府の対応を見ていると、時間稼ぎを行ない、暖かくなってウィルスの活動が低下し感染が自然に減少するのを待っているとしか考えられません。

暖かくなるまで医療体制が持つとは考えられないのですが、、、