月別アーカイブ: 10月 2020

はんこなくして腱鞘炎(けんしょうえん)

昨日、新聞で読んだのだったかネットで見たのだったか忘れたのですが、

「我が社でははんこなくして腱鞘炎(けんしょうえん)」と書いた川柳のような書き込みを見ました。

今盛んにハンコの押印を行政文書などからなくすと政府が言っていますね。

「行政手続きの99.247%で押印廃止」河野大臣が明らかに “霞ヶ関の慣行”も」などと言って自分達の成果を誇っています。

そもそも、99.247%と言う数字に胡散臭さを感じるのですが、それはさておき。

単に押印を廃止しただけでは、押印に変わるサインなどが増えるだけですよね。

となると、多くの日本の会社で経験したように、「はんこなくして腱鞘炎(けんしょうえん)」と言う事になってしまうんですよね。

私の以前いた外資系の会社でも、業務フローが日本の伝統的な流れのままだったこともあり、多くの業務でサインでの承認を行なっていました。

部長職などの役職者は、朝からサインばかり行なっていた記憶があります。

一方、別の外資の会社では、業務フロー自体がディジタル化されていてサインも印鑑も無し。

画面を見たら承認したことになり、承認したくなければ理由をつけて差し戻し処理を行なっていました。

そして、業務に関係のある書類しか送信されてこないフローになっていたので、すべての書類に承認の判断をする必要がありません。

それぞれの人の業務自体が明確に区分されていて、自分の業務に関係のある書類だけに承認をすると言うフローが出来ていました。

もちろん、承認した人には責任もついてきます。

結局、印鑑をなくしたからと言って業務をしっかりと見直さないと、押印が別の手段になるだけで何も変わらないのです。

99.247%などと言ってパフォーマンスを誇っている政治家自身が変わらないと何も変わらないですね。

乗客が2人。。。ZIPAIR

ZIPAIR、初の旅客便が就航 ソウルへ週2便、初便の乗客は2人」と言うニュースが出ていました。

ま、色々理由はあるのでしょうが、、、、、乗客が2人とは。

記事によると使用した機種が290席もある中型機の「ボーイング787-8型機」だとか、

そこに乗客が2名。そして乗員が10名。合計12名の人が搭乗したそうです。

プライベートジェットでも、こんな贅沢な環境にならないでしょうね。

写真で登場する乗客の方に記念品を渡している様子が写っていますが、2名のうちの1名の方なのでしょうか?

多くの人に囲まれて、恥ずかしいやら、情けないやら。。。。。

飛行中にも何かサービスがあったのでしょうか?乗員の方が多いので至れり尽くせりなのかもしれません。

また、「折り返し便のソウル/仁川発ZG42便の乗客数は1名を予定しているという。」との事。

1名。。。。。。ボーイング787-8の貸切ですね。

いくらで予約したんでしょうか?

天皇陛下や総理大臣並の贅沢かもしれません。

やっと終わった「WindowsUpdate」

昨日からやっていた「WindowsUpdate」。

今日、終わりました。

昨日の午前10時頃からやり始め、夕方7時を過ぎてもダウンロードを行なっていました。

その間、何度か再起動を行ないました。

WindowsとUbuntuのデュアルブート構成にしていたので、そのままだとUbuntuが起動してしまいます。

そのため、再起動する時はわざわざWindowsを立ち上げていました。

しかし、帰ろうと思っている時間になってもダウンロード中。

もうかまいきれんわ!と言う事で、帰ってしまいました。

で、今朝来たら再起動を促す画面が表示された状態で「WindowsUpdate」が止まっていました。

で、Windowsを再起動。

また、何かダウンロードを行いだしました。

もう、なんなんや。。。。。。。

と言う事で、そのまま捨て置きました。

昼食を食べて、画面を見てみると再起動の画面。仕方なく、またまたWindowsを再起動。

やっと、最新の状態ですという表示。これで、「WindowsUpdate」が終わったのでしょうか?

ほぼ2日間、「WindowsUpdate」に時間を費やしてしまいました。

WindowsUpdateにほぼ1日

新しく買ったノートPCの環境整備を行なっています。

まずは、WindowsとUbuntuのデュアルブートの環境を設定。久しぶりに行なったため、時間がかかってしまいました。

Windows10にはBitLockerと言うソフトがインストールされていて、そのソフトを無効化する必要があるのですが手間取ってしまいました。

何とか、デュアルブートの環境を構築しUbuntu上に今まで利用していたアプリケーションなどをインストールしていました。

そう言えば、Windowsの方も手を入れておかないと思いWindowsを立ち上げたのですが、色々訳の分からないソフトが入っています。

コチラは、まずいらないソフトの削除から。いやはや本当に余計なアプリケーションソフトなどがたくさんインストールされていますね。

そう言えば、WindowsUpdateもしなければと思い、WindowsUpdateの更新プログラムを稼動させました。

う~ん、何かやっているようなのですが、、、、、気の短い私は、2度ほどシステムを再起動してしまいました。

結局、アップデートプログラムの確認に約1時間。何でこんな確認に時間がかかるの?

その後、アップデートソフトのダウンロード。まだやっています。もう3時間以上かな?

はてさて、いつ終わるやら、、、

ホステル、ドンドン閉鎖してますね

昨日、暖かかったので久しぶりに歩いて帰りました。

南森町の事務者から国道1号線、2号線沿いを西に西に約2時間ほど歩きました。

以前は、大阪駅を挟んで南森町周辺や福島駅周辺には海外からの旅行客をターゲットにホステルが数多くありました。

近くを通ると、外国からの観光客らしき人達が楽しそうに周辺を歩いていたものです。

しかし、昨日歩いて見たのは閉鎖や休業したホステル。

5月頃に歩いて帰宅した時には細々と営業を行なっていたのですが、昨日は全てのホステルで営業をしていませんでした。

ま、GoToキャンペーンで格安のホステルに宿泊する人はいませんよね。

結局、高級ホテルや高級旅館とお金と時間に余裕のある人達向けの政策なんですよね。

これから先は、ビジネスホテルや駅前旅館と小規模な旅行代理店などが営業をやめるかもしれませんね。

残るのは、高級ホテルと高級旅館に大手旅行代理店だけかもしれません。

無職対会社員?何か訳分からん

あおり運転でけがさせた容疑で無職を逮捕 仕返しの会社員も書類送検 大阪府警」と言うニュース。

いや~、何がなんだか良くわかりません。

とにかく、「勝手にしててよ、但し、人に迷惑がかからんように山の中ででもやっててね。街中でやらんといてね」

と言う感じなんでしょうかね。

しかし、「無職対会社員」だと、無職の勝ちなんでしょうね。

会社員の場合は、会社の規模等にもよるでしょうが、会社から処分を受ける可能性もありますよね。

客商売のメンツを重視する会社であれば重い処分を受けるかもしれませんし、最悪解雇と言う事もあるかもしれません。

記事では、無職の佐藤容疑者は「車間を詰められたので嫌がらせをした」などと供述しているようですが、

会社員の男性は「仕返しであおり運転をした認識はない」と否認しているとか。

これも会社からの処分などを考えて、簡単に認めたくないのかもしれません。

知らんけど。

1週間早くパソコンが到着

7月に貰った10万円の給付金を使って9月の中旬にパソコンを購入しました。

納期の連絡は、10月17日と記載。今週くらいからインストールするソフトウェアなどの準備をしようかなと思っていたのです。

しかし、土曜日に配送されていました。連絡よりも1週間早く納入されました。

心の準備も出来ていません。

とりあえず、Windowsの環境だけでも整えようと思い作業を行なっています。

しかし、マイクロソフトIDを無理やり作成させられたり、メールアドレスを入力させられたりと必要とは思えない情報入力を求められます。

とりあえず、Windowsが動くようになったのですが、う~ん、よくわからないソフトがいっぱいインストールされています。

いらないソフトウェアの削除からですね。いやはや、よくコレだけ訳のわからないソフトウェアが、事前にインストールされていますよね。

そもそもウィルスソフトなど不要。と言う事で一番最初に削除。

しかし、削除しようとすると色々脅かしのコメントが表示されます。何か不安を抱かせるかのような文言の数々。

いやはや、作業していて悲しくなってきますね。

池袋暴走事故に対するパッシング

昨日からすごいパッシングですね。

飯塚被告は「人間の心を持ってるのか」遺族怒りの涙

遺族の方が怒りの声をあげるのは、仕方がない部分もあるでしょう。

しかし、テレビなどのコメンテータが、ここぞとばかりに被告に対して声を荒げています。

梅沢富美男、池袋暴走事故で無罪主張の被告に怒り「こんないい年こいて」

デヴィ夫人 池袋暴走事故の飯塚被告を断罪「恐るべき厚顔無恥な〝上級国民〟」

ほんこん「自動車メーカー声あげて」飯塚被告主張で

今までの報道の流れから、そういう主張をしているのでしょうが、裁判が始まったばかりで、被告は無罪を主張しているのです。

飯塚被告は無罪主張も…検察「車は異常なかった」

少なくとも、今の時点では推定無罪でなければなりません。

テレビやメディアも検察側からの情報を基に、まるで大変な犯罪者であるかのように扱うべきではありません。

被告が言うようにブレーキやアクセルの異常があった可能性も有るのです。

そもそも、最初の暴走から事故を起すまでの間、ずっとアクセルを踏みっぱなしだったとは信じがたい部分もあります。

ブレーキを踏まなかったかもしれませんが、アクセルから足を離しても何らかの事情でアクセルが戻らなかった可能性もあるのではないでしょうか?

踏み込んだアクセルが戻らなかったとしたら、自動車側の問題の可能性もあります。

刑事裁判なので、検察がしっかり証拠を提示すべきであり、無関係の一般の人が状況だけで被告をパッシングすべきではありません。

メディアやコメンテータは、もう少し冷静に対応すべきだと思います。

コーヒー豆を買いに行かないと

急に寒くなってしまいました。

昨日は事務所の中でも寒くて、何か着る物はないかと探しまわった挙句、ランニングウェアを羽織っていました。

こう寒くなると、事務所でもコーヒーを飲みたくなりますね。

ほんの数日前までは、ホットコーヒーなどの暖かい飲み物を飲もうなどと思った事もなかったのですがね、、、

来週にでも買いに行こうかと思っているのですが、この数年はコーヒー豆を買うお店が決まってしまいました。

以前は色々なお店で色々な種類のコーヒー豆を買っていたものです。

しかし、高かったら美味しいというわけではなく、やっぱりその人その人の感覚ですよね。嗜好品ですよね。

むしろ美味しいから高いというより、珍しいから高いのではないでしょうか。ま、高いものは美味しく感じないと損した気分なるのですが、、、、、

う~ん、やっぱり美味しいコーヒーが飲みたくなって来ました。

雨の中、ちょっと足を伸ばして買いに行こうかな?

クーポン券は大丈夫なの?

1品だけ注文「トリキの錬金術」に対抗、鳥貴族がGoTo抜け道を見直し」と言うニュース。

お粗末な話ですよね。事前に分からなかったんでしょうかね?こういう抜け道が発生すると。

考えている人達が、立派な人達ばかりなので、こんな事する人がいるとは思わなかったのかもしれませんね。

他にも色々抜け穴や問題点がありそうですね。

と思いつつ気になって配布されるクーポン券の案内をを見てみたのですが、しっかりと偽造対策を行なっているのでしょうか?

一応、「隠し文字等」が埋め込まれているようですが、多くで採用されているホログラムは使われていないようです。

カラー印刷で、簡単にコピーできるのであれば偽造クーポン券が大量に流通するかもしれませんね。

「隠し文字」だけで一般の店舗の人が簡単に偽造を見抜けるのでしょうか?

見抜くのがむずかしいと、クーポン券を受け取る店舗は、クーポン券の受け取りを拒否するかもしれませんね。

そもそも、クーポン券に「旅行者・宿泊事業者でスタンプを押印」と言う表示が。

今日のニュースで、「首相『行政手続き全て見直し』 押印・書面廃止へ指示」と首相自らが偉そうに行っています。

「言っている事」と「実際に行う事」が本当にバラバラですね。