月別アーカイブ: 12月 2019

よいお年を、、、

今年も1年間ありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします。

よいお年を、、、

死刑執行されたのは中国籍の人だったんですね

日本で死刑囚1人の刑執行 今年3人目、一家4人殺害の中国人」と言うニュース。

死刑執行されたのは中国籍の人だったそうです。

日本の法律に基づいて刑の執行を行ったと言う事なのでしょうが、中々リスキーな刑の執行ですね。

今後日本は、中国で死刑判決をされた日本人に対して刑の執行を停止するように求める事が出来なくなってしまいましたね。

中国の現在の法律では、殺人以外にもスパイ行為などの政治犯罪や麻薬の密輸・販売などの薬物犯罪、性犯罪などでも死刑判決が出ます。

と言う事は、日本人がスパイ行為で逮捕され死刑判決を受けたとしても刑の停止を求める事はできなくなってしまいます。

また、何らかの手違いなどで麻薬の密輸に関ってしまったり、政府機関に対する破壊行為を行なったり、うっかり性犯罪に巻き込まれたり。。。

なんと言っても、中国は年間数千人の死刑を執行している国です。

中国から自国の法律に基づいて刑の執行を行なっていると言われてしまうと、日本としては何も言えなくなってしまいます。

日本は死刑を廃止しているとか、日本では外国籍の人間の死刑を執行していないと言う理由で他国の死刑執行を停止させる事はできないですね。

死刑を廃止している国から見ると、日本は中国と同じレベルの死刑執行国と言う認識になってしまうんでしょうね。

やっぱり今回の死刑執行はリスキーな執行ですよね。

大阪都構想、いびつな区割り

大阪都構想で住民投票へ 法定協、制度案大枠を了承」と言う記事が出ていました。

改めて区割りの地図を見てみたのですが、歪な区割りですね。

現在の東淀川区と港区が同じ淀川区になるそうです。

福島区と鶴見区や東成区が同じ北区になるそうです。

中央区と住吉区や住之江区が同じ中央区になるそうです。

天王寺区は、、、少しまとまっていますかね。

しかし、現在の港区を新しい淀川区に編入すると言うのはセンスがなさすぎではないでしょうか。地理的にも歴史的にも。

同様に現在の福島区と鶴見区や東成区などほとんど繋がりはないのではないでしょうか?

結局数合わせなんでしょうかね。

そもそも大阪市だけを分割して4つの特別区にする意味が私には分かりません。

大阪府全体、または堺市を含めて再編統合を行なうのであれば理解も出来るのですが、大阪市だけを分割統合して何をしたいのでしょうか?

選挙目当てで行動している公明党の責任は大きいと思いますね。

危ないやろ、ウーバーイーツ

暖かかったので久しぶりに事務所から歩いて帰宅。

梅田方面から十三方面に十三大橋を歩いていました。

十三大橋の歩道は狭いのです。その上、アーチを支える鉄塔が歩道部分にある影響で中央部分は人がすれ違うのもやっとの状態。

とは言え、この時期は寒いので歩く人も少ないし自転車で通行する人も余りいません。

しかし、昨日はクリスマス。

私が歩いている横をウーバーイーツが通り過ぎていきます。それもスピードをだして、、、

危うくぶつかりそうになって、「おい、危ないやろうが、、、、」と言ったのですが、そのまま通り過ぎていきました。

本当に危ないですよね。狭い歩道を大きなリックを背負って自転車で高速走行するなんて。車道を走るべきです。

もしぶつかって怪我したら保障してもらえるのでしょうか?対人の自転車保険に加入しているのでしょうか?

と思いながら歩いていたのですが、再度ウーバーイーツの自転車とぶつかりそうに、、、、、本当危ない。

自転車は車道を走れ。

やっと十三大橋を渡り終えて、十三の大きな交差点で信号待ちをしていたら、ウーバーイーツの自転車が信号無視。

トラックとでもぶつかればよいのに。。。。。

正月休みは地図(OSM)をアップデート

来週からのお正月休み、何しようかなと考えていました。

そう言えば最近、地図データ(オープンストリートマップ)のアップデートをしていない事に気付いてしまいました。

事務所周辺だけでなく町のアチらコチらで新しいビルやホテルなどが建設されています。

工場がなくなって広大な敷地が放置され、一部はマンションが建設されていたりしています。

1週間も休みがあるし、オープンストリートマップのアップデートをすることにしました。

アップデートの仕方を思い出さないとと思いつつ、ネットで情報収集。

今まで通りにブラウザー経由でもアップデートできるようですが、JOSMと言う編集ソフトがあるとか。

私の利用しているPCはUbuntuです。

インストールしようとしたのですが、何かややこしそうな記述。何を行えば良いのかよくわかりません。

どうしたものかと思いつつ、もう少し検索していたら「How to install josm
on Ubuntu」と言う記事を発見。

コチラの記事とおりに $ sudo snap install josm で簡単にインストールできました。

しかし、まだ使い方が分かりません。ちょっと難しそうです。

詐欺メール、注意喚起メール、注意詐欺メール

この1年ほど前から詐欺メールが多くなりましたね。

銀行を名乗りアカウントを停止したので再度設定して欲しいと言ってパスワードを入力させるメールとか

クレジットカード会社を名乗って、あなたのアカウントが乗っ取られたので再設定して欲しいと言うメール。

銀行やクレジットカード会社以外にも、ネット証券やネット販売会社(アマゾンや楽天、ZOZOなど)を名乗って迷惑メールが来ます。

で、最近はその詐欺メールに対して注意を喚起するメールが来るようになりました。

アカウントの変更を促すようなメールやパスワードを入力させるようなメールは詐欺メールの可能性がありますので注意してください。。。と。

それも、複数の会社から五月雨式に。受信するほうにとっては、何が何かサッパリ分からない状態。

注意メールを配信している会社にとっては、単純に親切心から注意を喚起しようと思っているのでしょう。

しかし、同じような注意喚起メールを受け取るほうにとっては迷惑以外の何物でもありません。

いったい、どうしろと言いたいのでしょうか?おそらく、何かあったときの為に自分達は最善の注意を払ったというエビデンスにしたいのでしょうね。

とは言えこんな状況では、詐欺メールに注意をする注意喚起の詐欺メールが送られてくるかもしれませんね。

「(注意)あなたを狙った詐欺メールが配信されています。詳しくはコチラから。」と言ってIDとパスワードを入力させるとか、、、

利用者を無視したイタチゴッコですね。

2020大邱国際マラソンの申込み開始

来年の「2020大邱国際マラソン」の申込みが開始されたようです。

ハングル版からは、申込みできるようですが、今日(12月23日)の時点では日本語のページからは申込み画面に行かないですね。

そのうち日本語版からも申込みできるようになるかもしれません。

さてさて、どうしようかな~。去年の大会にエントリーしようとしたのですが、オンライン決済が出来なくって断念しました。

ちなみに、

開催日時:2020年4月5日(日) 8時開始

種目:フル(エリートランナーのみ)、ハーフ、10キロ、健康ラン

申込み:3月15日まで

今年は、日韓友好の為に参加しようかな。

体、歪んでる?

数週間前から体が右側に歪んでいるような気がしてなりません。

右利きなので右手で物を持つことが多いですし、ドアノブを持つのもまずは右手、手を上げるのも右手ですね。

そのため、右肩が左肩より上にあります。左肩が下がっているのですよね。

最近では肩こりも以前に増して酷いです。

何とかしないと、と考え昨日から全てを左手で行なうようにしました。意識的に右肩を下げ、左肩を上に上げています。

寝る時も左肩が上に来るようにして、顔を右に向けて寝ました。気がついたら、左によっていましたけどね。。。。。

今日は朝から体の調子がとってもよくないです。

右に偏っていた体が矯正されてきたようなのですが、正しい体に今までの歪んだ体が慣れていないようです。

何か変な感じですね。少し動くだけでも体がボキボキと音をたてています。

もう少し意識的に体の歪みを矯正したいと思っています。

体だけでなく、歪んだ私の心も矯正したいのですが、方法が分かりません。

LCCなのにフルフラットシート?

ZIPAIRが機内公開、フルフラットシートも」と言う記事が出ていました。

ZIPAIRって確かJALが親会社の格安航空会社(LCC)ですよね。

なのにフルフラットシートがあるの?

よくわからないですね。。。何をしたいんでしょうか。

LCCとして運行するのであれば、フルフラットシートなど必要ないですよね。そもそも親会社のJALの運行便と競合してしまいます。

やっぱりJALが絡んでしまうと、LCCになりきれないんでしょうね。

販売方法もネットだけにして、自由に運賃を設定するようなことも出来そうもないですね。

販売代理店等の意向が反映されると、価格を勝手に変更できません。となると、販売代理店からの団体客頼みになってしまいます。

結局、LCCでなくJALの団体客向け航空会社と言う事になりそうです。

こんな所にディズニーと電通のステマの記事が

『アナ雪2』ステマ騒動、ディズニーが一部広告を凍結」と言う記事が。

ディズニーがステマを行ったと言う情報がTwitterで流れていました。

それにしては、記事がでないな~と思っていたのです。

やっと見つけました。

で、記事には「クリエーターに対しツイートに広告と明示しないよう指示したのは電通で」と記載されています。

なるほど、なるほど、『電通』が絡んでいるので日本のメディアはニュースにしないのですね。

この記事も、ウォールストリートジャーナルですよね。

日本のテレビや新聞などでは、このステルスマーケティングの記事は取り上げられていないですよね。

吉本が行なったステルスマーケティングの時は、それなりにニュースとして扱われていましたよね。

やっぱり電通と言うのは、メディアに対して大きな力を持っているんですね。