高雄国際マラソン 参加からゴールまで(2)

高雄国際マラソンに参加からゴールまでの第2回です。今回は、日本からの出発からゴールまでを記述します。

第1回は、こちら

高雄国際マラソン大会は、日曜日の早朝にスタートです。

現地受付は、金曜日と土曜日の午後8時まで。当日受付はありません。

前日受付で、ナンバーカード(ゼッケン)や自動計測システムのICチップ、手荷物を預ける時のシールなどを受け取ります。

ちなみに、装着するICチップは日本では見たことのない形態でした。さすがIT大国の台湾だと感心してしまいました。

前日受付の場所は、スタート地点近くの高雄国家体育場です。

高雄地下鉄の世運駅から歩いて10分ほど。迷う事はありません。

世運駅は、台湾鉄道の高雄駅からでも地下鉄で15分。

台湾新幹線の高雄駅(左営駅)からだと1駅の3分です。

高雄国際空港からは、地下鉄で約40分です(美麗島で乗り換え)。

日本から参加する場合には、飛行機で高雄国際空港に行くか、台北から新幹線等で高雄に行くかになりますね。

ちなみに、日本発の朝早い飛行機で高雄に行くと、その日のうちに受付することも可能です。

土曜日に日本を出て、日曜日に走って、そのまま日本に帰国するという事も。。。ハードですけど、できなくもありません。

マラソンのスタートは、フルマラソンは日曜日の朝6時20分、超ハーフ(25キロ)は6時40分です。

マラソン大会当日の高雄の地下鉄は、参加者や応援者のために早朝4時前から運行しています。

地下鉄沿線に宿泊すれば、地下鉄に乗ってスタート地点に行く事が出来ます。何と、早朝の地下鉄にもかかわらずランナーで込んでいます。

手荷物を預ける場所もあります。前日受付でもらった手荷物預けシールを手荷物に貼っておきましょう。

貴重品は持っていかないほうが良いですね。これは日本と同じです。

スタートは、自分の申し込んだ種目のスタート時間に合わせてスタート地点に各自集合。

この辺は、何となく日本と違います。のんびりしていますね。。。。。

後は、ゴール目指して走るだけ。

ゴール後、完走賞がもらえます。参加費が3500円前後にしては中々豪華な景品でした。

無料でお弁当も配っていました。

このお弁当、おいしいんですよ。お腹が減ってるからかもしれませんが。

ゴールして、弁当を食べ終わってもまだ朝。スタート時間が早いので、1日が長いですね。

午後は、高雄をゆっくり観光しましょう。台南に行っても良いかも。

次回は、高雄マラソン大会のコースの印象等について記述します。

お楽しみに。

テレ朝、こんな時期に首相と会食?

5月24日の首相動静です。

「6時41分、東京・赤坂の日本料理店『古母里」』。テレビ朝日の早河洋会長、篠塚浩報道局長と食事。」とあります。

森友学園、加計学園、そして共謀罪法案など色々問題を抱えているこの時期に、メディアが権力と仲良く食事をするとは、、、、、

テレビ朝日は、メディアとしての矜持はないのでしょうか?

読売や産経が食事をしているので我々もご馳走になろうと言う事なんでしょうかね?情けないですね。

ひょっとして、食事時の会話の内容を録音しているなんて言う事は、、、

ないか。

そんな根性があるわけないですよね。テレビ朝日には。

むしろ、首相側に録音されている可能性の方が高いかもしれませんね。

「あの時、こんな約束をしましたよね。」

なんて言われるかも。

データ(情報)を持つリスク

メールクライアントの復元を諦め、時間を見てネットサービスの再登録等を行なっています。

ネットサービスの利用の為、名前やメールアドレス、連絡先などを登録しています。生年月日や住所、趣味、職業、年収などを要求してくるのもあります。

最近、本当にこういった個人情報を収集するサービスが多いですね。

ネットだけでなく、町を歩けば監視カメラ等も情報を収集しています。

そもそも、これらの情報は何に使うのでしょうか?具体的に目的を決めて情報収集しているのでしょうか?

とりあえず情報があれば、何か利用できるかもしれないという曖昧な理由で情報を収集しているのかもしれませんね。

訳のわからないコンサルタントと言う人間に言われて、言われるがままに情報を収集している事もあるのではないのでしょうか?

「ビッグデータ」とか「人工知能による解析」と言う言葉に騙されますよね。

そもそも、情報を収集している企業や組織は、集めた情報に対するリスクについて考えた事があるのでしょうか?

万一、収集した情報が漏洩した場合、その企業や組織は大きなダメージを受けます。

とりあえず、今後利用できるかもしれないと思って収集したデータの漏洩により、ダメージを受けてしまうのです。

そして、そのデータの漏洩は比較的簡単に発生します。組織内からも、組織外からも、、、、、

漏洩した事がわかると、一般の人はデータを漏洩させるような会社や組織など信用しなくなってしまいます。

「ちょっと待て、そのデータ(情報)、本当にいるの?」

企業や組織は、データを持つリスクを考えた方が良いと思いますよ。

メール元に戻らず

先日のBlogでも書いたのですが、「Wannacry」らしきウィルスにやられてしまい、メールクライアントがクラッシュしてしまいました。

今までのメールが総て見ることが出来ません。

アドレスもわからなくなり、メールの内容も確認できません。

困った事です。

何とか復元しようとしてみたのですが、うまくゆきません。

復元しようとするたびに、システムが固まってしまい、リブートする必要に迫られます。

何度も、何度も、何度も、リブートを繰り返しました。でも、復元できません。

もう諦める事にしました。

つらい決断です。

過去にこだわるのではなく、未来に向けて走ることに決めました。

今は、もう生まれ変わったつもりで新たに第一歩を踏み出しています。

捜査機関からの情報開示請求

先週国会で、ラインが「捜査機関からの情報開示請求」について情報公開を行っていると言う事を知りました。

いやはや、「1500件が日本の捜査機関からのもので、国内における対応件数は928件」と言う事だそうです。

半年分なので、1年では約3000件の依頼があるようですね。

そもそもこの1件が1通話なのか1つの案件に対する通話総てなのか不明なのですが、平均1日10件も依頼があるようです。

何を調べているんでしょうか?警察も情報を公開して欲しいものです。

ラインに対して、これだけの依頼があると言う事は、YahooやNTT、KDDIなどに対しても1日10件以上の依頼があるのではないでしょうか?

YahooやNTT、KDDIなどはどこで情報を公開しているのでしょうか?それとも、公開していないのかな?

国会では「令状無しで22件」もの捜査依頼を行なっていたといわれています。

NTTやKDDIなどは、令状なしで捜査依頼を多数受けているのではないでしょうかね。

少なくとも、YahooやNTT、KDDIもライン社のように情報を公開して欲しいものです。

ホント、嫌な世の中になってしまいましたね。

「共謀罪」法案、成立しそうですね

金曜日に「共謀罪」法案が衆議院の委員会を通過したそうです。

このままだと、本当に成立しそうですね。

恐ろしい事です。

今回、一番驚いたのは公明党の対応。

公明党の人って、支持団体の創価学会の人を護ろうという気がないのでしょうか?

地位や権力を持ってしまうと、そちらの方を護りたいのでしょうかね。

戦前、創価学会は国から弾圧されていましたよね。今回も同じ事が起きないとはいえないと思うのですが。

自分達は絶対に大丈夫だと思っているんでしょうか?

憲法問題などで意見が合わず、公明党が自民党や維新と分裂しそうになった時、「共謀罪」で創価学会に圧力をかけられるかもしれません。

何と言っても、宗教団体なので一般の市民よりは捜査しやすいはずです。

ひょっとして、何があっても自民党についていくと決めたのでしょうか?

さすがに今回は驚きましたね。

高雄国際マラソンへ参加からゴールまで(1)

今年の2月、台湾の高雄マラソンに個人で参加しました。

実は、海外マラソンへの参加は初めて、どう申し込めば良いのかも分からない状態から、何とかゴールにたどり着く事ができました。

折角の経験、来年の高雄マラソンへ参加する人のために、申し込み方法から参加してゴールするまでについて記述します。

長くなるので、今回は「参加申し込み」を記述します。

 

<高雄国際マラソン大会への申込み>

例年、10月から11月ころに高雄マラソンのホームページ(2017年のHP)が公開されるようです。

このホームページから申し込み用の画面(台湾のスポーツ大会専用ホームページ)に誘導されます。

申し込みはこのスポーツ専用のホームページ(伊貝特報名網)から行ないます(来年も同じだと仮定して記述します)。

高雄国際マラソンの「馬上(線上)報名」を選択すると、マラソン大会の説明が中国語で表示されます(漢字なので何となくわかる部分もあります)。

一番下までスクロールして『注意事項』などに同意するボタンを押して、『個人報名』をクリックすると申し込み画面になります。

この画面で、「姓名(名前)」、「身分證字號(パスポートNo)」、「性別」、「國籍」、「出生日期」、「聯絡電話(電話番号)」、「通訊地址(住所)」、「E-Mail(メールアドレス)」、「報名項目(参加種目)」などを選択し『確認送出』をクリックすると仮申し込みが完了します。

これは、あくまでも仮申し込みです。注意してください。

その後、登録したメールアドレス宛に「申込類型(個人)」と「訂單編號(申し込み番号)」が送信されてきます。

再度申し込み用ページにアクセスし、『報名査詢(資料修改)』のページから「申込類型(個人)」と「訂單編號」、「身份證字號(パスポートNo)」を入力して『調詢』をクリック。

ここで表示される画面が最終申し込み画面です。

仮申し込みで入力した内容などは表示されるはずです。紀念品(記念品)の紀念衫(Tシャツなど)のサイズを選択し、クレジットカード番号等を入力して最終申し込みを完了させてください。

無事完了すれば、申し込み完了のメールが登録したメールアドレスに送られてきます。これで無事申し込みは完了です。

念のため時間をおいて、再度申し込み用ページにアクセスして申し込みが完了したことを確認してください。

尚、Tシャツのサイズなどは申し込み完了後でも、変更可能です。

 

マラソン大会の2〜3週間前に、主催者からメールが来ます。もちろん中国語。

私は何が書いてあるのか分からなかったんで無視していたのですが、「ナンバーカード(ゼッケンナンバー)が決まりました。申込み受付ページにログインして、ナンバーカードの番号を確認してください。と記載されていたそうです。

現地での前日受付では、このナンバーカードの番号を提示するとスムーズに受付が完了します。

私は中国語のメール内容がわからなかったので、最初の申し込み完了メールを印刷して受付に提示したのですが、受付に時間がかかってしまいました。

受付の人は親切なので、何とかなると思います。

このように、申し込みはホームページへのアクセスとメールのみで総て完了します。

但し、クレジットカードは必須です。

便利になったものですね。

 

長くなったので今回は、ココまで。

次回は、日本から高雄へ行って受付して、ゴールするまで書く予定です。

データを提供する人にメリットあるの?

日本生命がビッグデータで健康支援、保険×ITの『インシュアテック』へ」と言うニュースが出ていました。

記事によると、「日本生命が健康保険組合が持っている従業員の健康に関するデータを収集して、新サービスを開発する」とあります。

生命保険会社の新製品開発の為に、健康保険組合が組合員のデータ(保険データ)を提示すると言う事のようです。

データはおそらく匿名化されて提示されるのでしょうが、組合員の了承なく提示していいものなのでしょうか?

組合員には何のメリットがあるのでしょうか?

新しい商品が開発されたので購入を検討してください。と言う事なのでしょうか?で、売れたら健康保険組合にリベートが、、、、、

いやいや、それよりも、この組合員のデータを保険会社に提供するのは無償なのでしょうか?有償で提供するのでしょうか?

提供したデータの二次利用を認めるのでしょうか?

保険会社が100万円で購入して、ちょっと加工して300万円で販売する事も考えられますよね。

健康保険組合は、組合員に説明する必要がありますよね。

私だったら、無償の提供は拒否しますね。

ここで「けなす」勇気のある人はいないか。。。

小室圭さんの人柄を友人が告白『王子様みたいな人』」と言うニュースが出ていました。

おめでたい事、特に皇室関係となると、、、、、

ま、ココで結婚相手の小室さんと言う人をけなす勇気のある人はいないかな~。

ひょっとして、いたとしてもそれをニュースに取り上げる勇気のあるメディアもいないですよね。

で、結局総てのメディアが同じ内容のことを記事にしたり、放送したりするんでしょうね。

記事では、「彼を嫌う人は誰もいないんじゃないかと思います」とありますが、誰からも嫌われないなんてないと思うんですよ、私は。

透明人間じゃないんですし。

むしろ、「あいつ嫌いや」と言う人が何人かいたほうが良いと思うんですけどね。

総ての人が同じ事を言う、言わせる世の中って私は嫌ですね。

ま、私は充分に捻くれた人間だと言う事は認識しています。

以上。

米国家安全保障局をウィルス作成罪で逮捕しろ

サイバー攻撃、ロシア関与せず=プーチン氏」と言うニュース。

何か良くわからない見出しのニュースなのですが、、、、、

この記事によると、今回ウィルスをばら撒かれたマイクロソフト社は、ウィルスを作成したのは米国の特務機関(NSA)だとはっきり言っています。

ココまではっきりしているんであれば、ウィルス作成罪(不正指令電磁的記録に関する罪)で逮捕したらどうなんでしょうか?

アメリカにウィルス作成罪に相当するものがなければ、日本でNSAを告発してもいいのではないでしょうか?

日本の警察もセコイ著作権侵害などを取り締まるだけでなく、ココは一発大物狙いで対応して欲しいものですね。

もっとも、米マイクロソフト社もバックドアソフトの作成に協力していたかも知れないですけどね。

しかし、今回の被害で明らかになったことは、WindowsXPはまだまだ現役、そしてWindowsの組込みソフトもそこそこ利用されていると言う事。

最近は「IOT」と言われていますが、組み込みソフトに対するウィルス対策は大きな問題になるかもしれません。

一度組み込んだ装置を常に最新の状態に保つなんて不可能に近いです。

自動車に乗っていたら勝手に右に曲がったとか、家に帰ったら夏なのに暖房設定されていたなどあるかもしれません。

車やエアコンだったらまだ良いのですが、原発の制御機器や新幹線に組み込まれている機器がウィルスに感染したらと思うとぞっとします。

最近は総ての機器はネットに繋がってますものね。比較的簡単にウィルスに感染させる事が出来るかもしれませんね。

特に「IOT」ってセキュリティに詳しくない人が開発してることが多いとか。

しかし、IPAが発表している「脆弱性対策について」では、「感染してしまった場合、情報セキュリティ安心相談窓口に相談してください」だそうです。

なんの役にも立ちません。

あ~あ、私のメールデータは元に戻らないんでしょうか。