消費者庁、のんびりした役所やね

消費者庁長官『相談状況を注視』 PCデポ高額請求問題」と言うニュースが出ていました。

記事では、

「消費者庁としては引き続き、(消費生活センターなどに寄せられる)相談の状況を注視してまいりたい」と述べた、とあります。

消費者庁、のんびりした役所で羨ましいですね。

注視するそうです。調査するとか、対策を講じる、とかいうわけではないようです。

世間が注視しなくなるまで、ジッとしていると言う事なんでしょうね。

このような解約の問題、PCデポだけじゃないですものね。携帯電話などでも同じような問題が起きていますよね。

消費者庁と言いながら業者や業界の秩序を守る事のほうを優先しているとしか思えないですよね。

今回の件では、PCの修理依頼に行って過剰なオプションサービスを契約させられたそう。東洋経済や日経ビジネスの3年間の購読契約も入っていたとか。

で、購読契約をやめるにも解約料が必要だといわれたそうです。

雑誌や新聞のネット購読契約って、こうしたオプションでわけもわからず加入している人ってたくさんいるんでしょうね。

ところで消費者庁も、業者から天下り先を用意してもらっているんでしょうか。

社会主義政策の日本

あ~、暑い。。。。。。もう言うのやめます。暑いって言っても何も変わりません。しかし、暑い。

中小、賃上げで補助金2倍 経産省が制度創設へ」と言うニュースが出ていました。

日本は、社会主義経済を目指しているんですよね。

政府が民間企業の賃金にまで口出しするんですものね。それも、補助金と言う名目で。

税金を上げて、政府が税金を使う。民間が使うより効率的だと言う事のようです。最近こういった政策が本当に多いですね。

安倍政権になってから、こういった政府がお金を恣意的に配布するという政策が多くなりました。

政治家や国の官僚は大喜びしているのではないでしょうか。

民間企業や地方自治体は、国に陳情してお金を配分してもらっているだけにしか見えません。

金も権限も中央政府が総て持っているので仕方ないのかな。

批判すべきメディアも中央だけ取材していればすむので楽なのかも知れません。結局、運命共同体なんでしょう。

多くの国民にとっては不幸な事なんですがね。

ソビエトが崩壊した時のように、気がついたときには遅いかもしれませんね。

大阪の8月の平均気温30度超えか

今日も暑さねた。もうやめたいんですけどね。。。。。。

毎日こんなに暑いと、ひょっとして8月の平均気温が30度を超えるのでは?と思ってしまいます。

最低気温が25度以上で最高気温が35度を超えていると平均30度ですよね。ま、気温の上がり方から言って、30度以下になるようですが。

そもそも平均気温30度って記録した事あるん?と思って調べてみました。

気象庁の過去の気象データと言うページにあります。

すごいですね、1883年からのデータが表示されます。

平均30度以上は~っと、ありました。1994年、1995年、2010年、2013年の4度記録。最高は2010年の30.5度。

そして今年は22日までの記録が表示されています。平均気温30.2度です。

今後1週間も暑い日が続くと言っていました。30度超えは確実のようですね。

しあし、1800年代後半の平均気温は26~28度だったんですね。今より3度近く低かったようです。

大阪は温暖化していることは間違いないようです。

一番大きな原因は、都市化と冷房、車じゃないでしょうか。

「お維新」って言うんや

あまり気にしていなかったのですが、今日ネットで見出しを見て笑ってしまいました。

お維新、対案路線で違いアピール 23日に臨時党大会

最初、「お維新」ってなんかな~と思って記事を読んでみたのですが、「お維新」って「おおさか維新の会」の事のようですね。

なんか変な略称ですね。

「お」をつけると丁寧な表現をしているような気がしていて、維新を丁寧に言っているのかな?と思っていました。

最近流行の、日本は素晴らしい、明治維新も素晴らしい、だから「お」をつけて表現しようと言う事なのかなと思ったりしていました。

何でも「お」をつけたらエエって言うもんやないでっと。

しかし、「お維新」はなんか違和感がありますね。

今日も37度

今日も朝から気温がアップ。

昼前には35度を越えていました。

風も生温いと言うか、熱い熱風が吹き付けてくる感じがします。もうイヤです。本当に。。。

昨日も書きましたが、もう許して下さい。

誰にお願いすれば良いのでしょうか。

書くまいと思っていたのですが、、、熱い

暑い、熱い、アツイ。

いくら書いても涼しくなるわけではありません。それは分っています。しかし、書かずにいられません。

暑い、熱い、アツイ。

東京を中心とした東日本ではそれほど暑くないようですが、西日本の暑さはどうかしています。

今日も、大阪は12時前には35度を軽く突破。

予報では、38度とか。

ニュースで「オリンピックでメダルがどうのこうの」と言うのを聞くと何かイラッとしてしまうのは私だけなのでしょうか?

しかし、いつまで続くのでしょうかね。

お願い、涼しくなって。

いつまで続くこの暑さ

暑い、熱い、アツイ。。。。。。

いつまで続くのでしょうか?この熱さ。もう限界です。

昨日も、冷房を入れっぱなしにしてしまいました。何とか切ろうと思ったのですが、無理。

おかげで今日は腰も痛くなってしまいました。

連日35度以上ですよ、それに夜も気温が下がりません。今朝は28度と表示されていました。

もう許してください。

気になって日本以外の天気を見てみました。

香港や台北でも最高気温が32~3度です。ソウルが少し高くって33度。一番高い上海でも34度です。

37度と予想されている大阪なんて異常としか思えないですね。それも連日34度を越えています。

あ、北朝鮮のピョンヤンは最高気温でも31度。

こうなったら夏の間は、ピョンヤンに亡命するしかないかも。

今年は黄色のランニングシューズがはやり?

オリンピックのトラックレースを見ていました。

やっぱり気になるのはランニングシューズ。

今年は黄色のランニングシューズを履いているランナーが多いですね。それも鮮やかな黄色。

細い足で跳ぶように走る足の先に鮮やかな黄色のランニングシューズ、何となくかっこいいんですよね。

私もあんな風に走ってみたい。

ひょっとして黄色の鮮やかなランニングシューズを履いて走るとあのような颯爽とした走りが出来るのでは、、、、、と。

私のような一般のランナーが、鮮やかな黄色いランニングシューズを履いて走ってもどうなんでしょうか?

走っている本人の頭の中では、颯爽と走っているつもりです。でも、見ている人はペタペタと足を前後しているだけ。

それも、足自体が地面を蹴っているわけでもなく「すり足」状態。躍動感「0」。

走っている本人と現実のギャップは大きいのです。分っています。分っていますよ。我々ランナーは。

しかし、黄色い靴、買ってしまうかもね。

お盆休みの影響か、この迷惑メールが多い

お盆休みの影響なのでしょうか迷惑メールが頻繁に来ます。

「WOWWOW・スカパー全部見れます」

「スカパー!、永遠に無料で視聴できます。」

「魔法のB-CASカード叩き売り」

等など、B-CASカード関係の迷惑メール。よっぽど儲かるんですね。

まあ、原価は数十円でしょうしね。

それに、対策を取るべきB-CASの組織はやる気なさそうですし。と言うか、お手上げ状態なのかもしれませんね。

こんなエエ加減なカード(簡単に偽造できるカード)を採用した事が間違いなんでしょうね。

お役所仕事なんでしょう。

天下り団体なんでしょうかね、、、、、

おかげで、迷惑メールがいっぱい来ます。数年前からなんら改善されていませんし、まともに対応もしていないですよね。

ええ迷惑です。

企業と行政などが協力し公害を克服などしていない

なんか悲しい記事ですね。

川崎市、動画に誤表記 抗議受け放映中止(「企業と行政などが協力し公害を克服」と表記。)

私は、大阪市西淀川区で生まれ育ちました。

西淀川区は川崎市と同じく、と言うか川崎市以上に公害の町でした。

私の周りにも公害で苦しんでいる人がたくさんいました。私も喘息で苦しみました。

幸い、現在は公害はほとんどありません。しかし、公害の後遺症に悩んでいる人はいます。

最近、政治家や大企業の役員が、日本は「企業と行政などが協力し公害を克服した」と言う発言をしている事を耳にします。

公害を克服した日本は世界に誇るべきだ、とか言う政治家まで。。。。。

決して、企業と行政などが協力し公害を克服したわけではありません。

むしろ大企業と行政が一緒になって公害などなかったことにしようとしていました。

裁判で訴えられても、因果関係がないとか、科学的に証明されていないとか言って公害はないと主張していたのです。

そして、その間にたくさんの人達が公害の犠牲になってしまったのです。大企業と行政は公害の被害を広めたのです。

環境機器を開発したのは、大企業でなく多くは中小企業の方でした。

実際に苦しんでいる人々を見ていた中小企業の方が環境機器を開発していったのです。

西淀川公害訴訟では、最後まで企業は公害の責任を認めていません。

原発事故問題と同じですね。